MENU

育毛メソセラピーの効果と副作用

育毛メソセラピーで得られる効果というのはどのようなものなのでしょうか?育毛メソセラピーでは、プロペシアの成分であるフィナステリド、そしてミノキシジルといった育毛・発毛に使われる医薬品成分や、成長因子、ヒアルロン酸などを直接頭皮に注射などで注入する方法です。フィナステリドの5αリダクターゼの活性素阻害して脱毛を抑える効果と、ミノキシジルがもつ血行を改善させて発毛組織に十分に栄養や酸素を供給させることが出っ切るという効果を、より直接的に与えることが出来ます。そのため、今まで滞っていた髪の発毛サイクルが正常化し、徐々の毛根部分が活性化されるという効果があり、だいたい5~6回くらいの育毛メソセラピーによって、半年程度かけて少しずつ効果を実感することが出来るようになってくるという特徴があります。起こり得る副作用としては、頭皮にかゆみなどが出てくることがあるという点です。血流が改善されることで起こる症状で、副作用というよりは好転反応をとらえることが多くなっています。フィナステリドによって精力減退が起こるといった副作用はほとんどありません。